Premiere Proカットした場所がズレるバグの解決法

スチール・動画の基本

私が実際に起こった「Premirere Pro」のバグで、無事解決した方法を今回ご紹介しようと思います。

バグの内容としては、「カットした場所が再生するとズレる」「音が2重に繰り返される」「書き出しても音がおかしいまま」でした。

バグを検索しても何も引っかからなかったので、adobeのサポート担当者さんに頼り、解決してもらいました!

Premirere Proを使用して編集をする動画編集者にとって、最も苦痛な時間はバグ対応の時間なのではないでしょうか?

そんな編集者の時間の負担を少しでも減らせればと思い、今回このブログを書いてみました。

「Premirere Pro自体に問題がある場合」と「動画ファイルに問題がある場合」で解決法が異なるので、分けてご説明します。

バグの原因が「Premiere Pro」にある場合

メディアブラウザーから読み込んでみる

人によって、動画ファイルの読み込み方は色々あると思います。

今回、Adobeの担当者さんから言われたのは、「メディアブラウザー」から読み込んでみることでした。

恐らく通常であれば、ワークスペース左下に配置されているかと思います。

メディアライブラリーから該当するファイルを選択して、読み込んでみてください。

これで解決する場合もあるようです。

違う方法で読み込みをして、バグが発生している方は、1度試してみてもいいかもしれません。

オーディオハードウェアの入力をいじってみる

もう一つの方法が、「オーディオハードウェア」の入力をいじってみることです。

「編集」→「環境設定」→「オーディオハードウェア」の順に選択します。

オーディオハードウェアの項目の「デフォルト入力」を「入力なし」にします。

設定して「OK」ボタンをクリックすれば完了です。

ここの入力が悪さ(?)をする場合があるようです。

お手軽にできる方法なので、試しやすい方法ですね。

バグの原因が「動画素材」にある場合

動画の変換をしてみる

動画にバグの原因がある場合は、動画の変換をしてみると良いとのことです。

実際、私もこれで解決しました。

普通に再生もできるし、一見普通のデータに思えるデータが、何らかの原因でおかしいデータになっている場合があるようです。

もし、動画変換ソフトが無い場合は下記の無料ソフトを使用してみてください。

【HandBrake】

HandBrake: Open Source Video Transcoder
HandBrake is an open-source, GPL-licensed, multiplatform, multithreaded video transcoder.

使い方については、自分では書いていない(いつか自分で書きます…ハイ)ので、別の方の記事をご参考にしてみてください。

だれでもわかる!HandBrakeの使い方まとめ
動画エンコードの無料ソフト「HandBrake」の使い方を、だれでもわかりやすく解説しています。動画配信サイトでも、ローカルに保存する動画でも、適切なサイズに変換してくれますよ。詳細は、記事にて!

まとめ

【Premirere Proに原因がある場合】

  • メディアブラウザーから読み込んでみる
  • オーディオハードウェアの入力をいじってみる

【動画素材に原因がある場合】

  • 動画の変換をしてみる

同じようなバグが出た場合、上記方法を試してみてください!

1人でも多くの動画編集者の、負担が減ってくれたら嬉しいです(o^^o)

コメント

タイトルとURLをコピーしました