一眼レフ カメラ 初心者 さんの為の講座!レベル3 ISO感度

スチール・動画の基本

こんにちは!Tanaです!

これまでは主に、「ピント」の説明をしてきましたが、次は「ISO感度」です。

「ISO感度」私は名前を聞くだけで、難しそうで嫌になりましたwww

「嫌!こんなの覚えられない!」と思った方、安心してください。私がわかったので、皆さんもわかりますw

ちょっと難易度があがっていくので、私みたいな不器用さんで初心者の方にもわかりやすくご説明できるよう頑張ります。

「ISO感度」は写真を明るくする為の数値

平たく言うと、写真を明るくする為にISO感度の数値を高くします
 
ISO感度の数値を高くすれば高くするほど、明るい写真が撮影できます。
例えば、暗い場所での撮影などで、この数値をあげるといいです。
 
また、シャッタースピードなどにも関与してくるので、写真がブレづらくなります。
 
 

「ISO感度」を上げすぎると写真がザラつく

「写真が明るくなるなら、いつもISO感度を目一杯あげればいいのでは?」と思いますよね?
そういうわけにはいかないのです。
 
このタイトルの通り、ISO感度を上げすぎると写真がザラつく場合があります。
 
数字がいくつ以上になるとザラつきが酷くなるのかは、カメラによっても変わります
 
 

実際自分のカメラが、どこまで耐えられるかテストしてみる

やはり、実際撮影してみるのをオススメします。
 
「P」に設定すると、ホワイトバランスとISO数値だけ自分で設定できます。
 
 
ホワイトバランスはオートでいいので、ISO数値を、少しづつあげて撮影をしてみましょう。
 
そうすると、徐々にノイズのようなザラつきが出てきます。
徐々に数値をあげて撮影してみる事で、自分が「ここまでなら許せる」という数値がわかると思います。
 
その数値は今後撮影をしていく上で、大切な目安となりますので、覚えておいてください。
 

まとめ

「ISO数値」を深く知る事により、今後、さらに知識をつけていく上で役立つと思います。
 
 
  • 「ISO感度」は写真を明るくする為の数値である
  • 「ISO感度」を上げすぎると写真がザラつく
  • 実際自分のカメラが、どのくらい数値をあげると、ザラつきがひどくなるのかテストしてみる
 
ぜひ試してみてください。
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました